医療事務・介護福祉の専門学校 | 早稲田速記医療福祉専門学校

  • 交通アクセス
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • オープンキャンパス
  • TEL 学校代表 03-3208-8461
  • MENU

コラム

早稲田速記医療福祉専門学校 > コラム > 介護福祉士の仕事内容|仕事内容から取得すると便利な資格まで

介護福祉士の仕事内容|仕事内容から取得すると便利な資格まで

介護職に就きたいと考えている人の中には、介護福祉士という職種に関心がある人もいるでしょう。介護福祉士はさまざまな役割を担うため、社会貢献度が高いうえにやりがいのある仕事です。

介護職の業務内容は多岐にわたり、さまざまな場面での活躍が求められます。働くイメージを明確にするためにも、事前に仕事内容は把握しておきましょう。

今回は、介護福祉士の仕事内容を詳しく解説します。給料相場や、あわせて取得すると有利な資格も紹介するため、介護福祉士を目指す人は参考にしてください。

 

1.介護福祉士とは?

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法にもとづく国家資格となります。専門職として自ら介護業務にあたる一方で、スタッフのマネジメントを行うなど、リーダー的な役割も担うことが特徴です。

「ケアワーカー」とも呼ばれる介護福祉士は、下記の場所を中心に活躍しています。

  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • 訪問介護ステーション
  • 身体障害者施設
  • 特別支援学校

高齢化が著しい現在では、介護の担い手である介護福祉士の需要が高まっています。下記は、2012年以降における高齢者数及び全体に占める割合の推移です。

65歳以上高齢者人口(割合)
2012年8月 3,058万人(24.0%)
2015年 3,395万人(26.8%)
2025年 3,657万人(30.3%)
2055年 3,626万人(39.4%)
75歳以上高齢者人口(割合)
2012年8月 1,511万人(11.8%)
2015年 1,646万人(13.0%)
2025年 2,179万人(18.1%)
2055年 2,401万人(26.1%)

引用:厚生労働省「今後の高齢者人口の見通しについて」

高齢化の進行とともに要介護者数が増加するため、介護の担い手である介護福祉士は、今後ますます必要とされることが予測されます。

 

1-1.介護福祉士とケアマネージャーの違い

介護福祉士と同じように、介護職には有資格者だけがなれる「ケアマネージャー」という職種もあります。

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」です。介護福祉士とは異なり、介護サービスを受ける利用者に対して、間接的にサポートすることが特徴となります。ケアプランの作成、利用者の家族や市町村との連絡調整などが主な業務です。

就業先は高齢者施設だけでなく、委託介護支援事業所や地域包括支援センターもあります。ケアマネージャーと介護福祉士は連携しながら業務を行うものの、仕事内容は明確に異なることを認識しておきましょう。

 

2.介護福祉士の主な仕事内容

介護福祉士はやりがいのある仕事である一方、大変な面もある仕事です。実際に下記の特徴がある人は、介護福祉士として活躍しやすいでしょう。

  • 基礎体力がある
  • 思いやりの心がある
  • 自制心がある
  • コミュニケーション能力がある

自身に足りない要素があると感じた場合は、今後身につけられるように取り組むことが求められます。ここでは、上記の要素が必要とされる理由も踏まえて、介護福祉士の仕事内容を解説します。

 

2-1.身体介助

利用者が生活動作を行う際、直接的にサポートする業務が「身体介助」です。身体介助の主な内容は下記の通りです。

  • 歩行介助
  • 食事介助
  • 排泄介助
  • 入浴介助
  • 着替えの介助
  • ベッドや車いすへの移乗介助

入浴介助や移乗介助などは、慣れるまで体力が必要となります。また、身体介助を行う際は利用者のペースにあわせることが大切であり、思いやりの心がなければ務まりません。

資格の有無にかかわらず実践できる内容ではあるものの、専門的な視点で行うことで、より安全で質の高いサービスを提供することが可能です。

 

2-2.相談・助言

利用者の家族の介護に関する相談に乗ったり、助言を行ったりすることも仕事の一つです。自宅介護における注意点や、福祉用具の選定・使用法などを説明することもあります。

要介護者を抱える家族は専門的な知識を持たないため、介護のやり方に不安を感じることが少なくありません。介護福祉士は利用者だけでなく、家族の精神的な支えになることも重要です。

 

2-3.マネジメント

スタッフのマネジメントも、介護福祉士の仕事です。タスク管理や教育指導、コミュニケーションを深めて、仕事に対する士気向上を図ります。

介護の現場は、どのような職場であってもチームワークが不可欠です。経験や性格が異なるさまざまな人たちを結束させるためには、コミュニケーション能力が必要となります。

 

3.介護福祉士の給料相場

下記は、給与所得者と介護福祉士の平均年収をまとめた表です。

給与所得者の平均年収(※1) 約436万円
介護福祉士の平均年収(※2) 約406万円

※1出典:国税庁長官官房企画課「民間給与実態統計調査」

※2出典:厚生労働省「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」

○給料の特徴

介護福祉士の平均年収は約436万円となっており、給与所得者の平均年収を約30万円下回る状況にあります。しかし、介護福祉士の給料相場は幅が広いため、一概に低水準とはいえません。中には年収500万円を超えるケースもあり、働き方次第では給与所得者の収入を上回ることも十分可能です。

介護福祉士の給料水準は年々上がっており、平成31年2月と令和2年2月を比較すると、月給ベースで約1.8万~2.1万円増加しています(※2)。待遇の改善が進められている状況であり、今後も給料水準は上がることが予想されます。

○手当について

介護福祉士には、主に下記のような手当が支給される傾向です。

  • 資格手当
  • 夜勤手当
  • 家族手当
  • 住宅手当
  • 処遇改善手当

国家資格ということもあり、資格手当は「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」や「実務者研修」よりも高く、月1万〜1.5万円が相場です。各手当の金額や付与される範囲は、就業先によって異なります。

○収入を上げるためのポイント

収入を上げたい場合、待遇がよい施設を選ぶことや、夜勤を積極的に行うことがおすすめです。特に夜勤は給料が上がるため、稼ぎたい人は夜勤を選ぶケースも珍しくありません。

長期的な視野で考える場合は、経験を積みながら管理職を目指すとよいでしょう。役職手当が別途支給されるようになれば、収入がさらに安定します。

 

4.介護福祉士になるための方法

介護福祉士になるためには国家資格が必要です。ここでは、介護福祉士になるための3つの方法を解説します。

○実務経験ルート

介護の仕事をしながら介護福祉士を目指すルートです。もっとも代表的な方法であり、経済的な負担が少ないメリットがあります。受験要件は下記の通りです。

  • 実務経験が3年(1,095日)以上ある
  • 介護福祉士実務者研修を修了する

介護福祉士実務者研修は全国さまざまな場所で実施されており、費用は約100万~200万円が相場となります。仕事が忙しい人は通信講座も検討しましょう。

○養成施設ルート

高校を卒業後、福祉系の専門学校や大学に通うルートであり、最短で介護福祉士になれる方法です。必要な期間の目安は下記の通りです。

  • 福祉系大学・社会福祉養成施設・保育士養成施設の卒業者は1年以上
  • 普通科高校の卒業者は2年以上

費用は約100万~400万円が相場となっています。現在、養成施設卒業者は国家試験が免除となっていますが、2022年度には制度変更により受験が義務化されます。

○福祉系高校ルート

福祉系の高校、もしくは福祉系の特例高校に通うルートです。主に介護業界への就職を見据えた中学生が対象となります。必要な期間は約3年、費用は約200万~400万円が相場です。

福祉系高校の卒業者は、国家試験において実技試験が免除されます。一方で、特例高校の卒業者は、実技・筆記試験の合格、卒業後9ヶ月以上の実務経験が必要です。

 

4-1.介護福祉士が取得すると有利な資格

最後に、介護福祉士が取得すると有利になる資格を2つ紹介します。

(1)介護予防運動指導員
介護予防プログラムの作成や、高齢者向け筋力トレーニングの指導を行うための資格です。レクリエーションをはじめ、さまざまな場面で役立ちます。
(2)認知症ケア専門士
認知症ケアに関する資格です。専門知識を得ることで適切なケアが可能となり、教育指導の際にも深い理解を与えられます。認知症利用者が多い施設では、特に有利な資格です。

上記はいずれも実用性があり、転職する際にも役立ちます。介護福祉士の知識も大いに活かせるため、非常におすすめです。

 

まとめ

介護福祉士とは介護に関する知識や技能を有する専門職であり、業界唯一の国家資格となります。主な仕事内容は、利用者への身体介助や利用者家族の相談役、現場のマネジメントなどです。

資格を取るための方法には、実務経験ルート・養成施設ルート・福祉系高校ルートの3種類があるため、自身の状況に応じて最適なルートを選びましょう。

これから介護福祉士を目指す人には、「早稲田速記医療福祉専門学校」がおすすめです。高度な専門性と幅広い教養が身につき、介護業界で即戦力として活躍できます。受験対策から就職活動まで手厚くサポートする当校をぜひ検討ください。

  • 情報公開
  • 自己点検・自己評価報告公表資料
  • 教職員採用情報
  • 創立80周年記念募金
  • 新型コロナウイルス緊急学生支援募金
  • 学校法人 川口学園
  • SAIJO
  • 早稲田速記株式会社
  • 交友会