MENU

新着情報

医療秘書技能検定 成績優秀賞の表彰式☆

医療秘書科

みなさん、こんにちは
入学相談室の齋藤です😊
この度、「第60回医療秘書技能検定」「第45回医事コンピュータ技能検定試験」

成績優秀賞を本学の学生が受賞し、学内で橋本校長より表彰状が授与されました👏

 

 

【写真】第60回医療秘書技能検定 成績優秀賞受賞者

 

 

その中でも、医療秘書技能検定準1級の成績優秀者に表彰された

医療秘書科の石井さんに、資格取得に向けた勉強のコツを聞いてみました🍀

 

 

 

資格取得や進路選択の参考にしてみてくださいね✨

 

Q1.医療秘書技能検定とは、どのような試験ですか。

この検定は医療秘書として必要な専門知識や能力を測る試験です。

医療法規、医学知識、レセプト作成の3つの領域から出題されます💡

 

Q2.準1級と2級の違いを教えてください。

準1級は専門的な医療用語や医薬品の知識、医療機関の機能や経営など

2級に比べて専門的な内容が出題されます📝

 

Q3.石井さんが行った勉強方法を教えてください。

過去問題10回分ほどを繰り返し解きました。

また、苦手な問題は単語帳を活用し苦手を克服できるよう工夫して勉強しました🎓

 

Q4.就職に向けて意識した検定試験はありますか。

診療報酬請求事務能力認定試験は医療事務の検定の中で

医療現場における評価が最も高いと聞いていたことと、

将来必要な知識を問われるので取得したいと思っておりました🌟

 

Q5.この分野をめざす高校生に向けてメッセージをお願いします。

医療事務は資格や免許の必要のない職業ですが、

自分のスキルアップのためにぜひ多くの検定に挑戦してみてくださいね🌺

自分の将来を見つめる良い機会になると思います。

応援しています😌