MENU

字幕制作・速記者養成科 1年制 [男女]

学科長メッセージ

小田 真理子先生

音声の文字化を通して
コミュニケーションの担い手
となる技術者を育てます。

小田 真理子先生
字幕制作・速記者養成科 学科長

字幕制作や発言を文字化する速記の仕事は、日本語に対する興味がある人、タイピングが得意な人には特に向いています。さまざまな現場で発信される情報をより速く、より多くの人に提供する役割を担って社会のニーズに応えていきませんか。

字幕制作・速記者養成科のポイント

Point1

聴く力、表記する力を
育てます

長年の速記教育をベースにして、発言を正しく聴き取り理解する語彙(ごい)力や同音語、慣用句などの日本語の知識を深め、音声を正しく文字化する力を身につけます。

Point2

高度なタイピングスキルを
身につけます

タッチタイピングの基礎から聴き打ちのレベルまでトレーニングを積み、リアルタイム字幕に対応できる卓越した高速タイピングスキルを身につけます。

Point3

業界直結の
教育体制

字幕制作会社、速記関連会社と連携した教育システムにより、基礎段階からインターンシップまで一貫した実務教育を行います。

字幕制作・速記者養成科で取得できる資格

SOKKIで取れる正社員就職に必要な重要度の高い資格

  • 文字起こし技能テスト
  • 語彙・読解力検定 準1級
  • ニュース時事能力検定2級
  • 漢字能力検定 2級

字幕制作・速記者養成科でめざす職種

  • 字幕制作者のお仕事

    字幕制作者は、ニュースやスポーツ中継などをリアルタイムで文字化、ドラマのセリフやナレーションなど収録された番組の音声を文字化、編集します。
    現在、総務省は、テレビジョン放送による聴覚障害者や高齢者に配慮した字幕放送等の普及と促進に取り組んでいます。大規模災害等での緊急時放送やCMへの字幕など、字幕の需要はますます拡大しています。
    また、リアルタイム字幕は3人1組のリレー方式で行いますが、自分の打った文字が生放送で全国に流されるので、緊張感はありますがやりがいのある仕事です。

  • 速記者のお仕事

    速記者の仕事は、「話し言葉を文字情報に変換する」ことです。そのためには幅広い語彙力、文字化するための特殊な知識、技術が求められます。
    現在のネット社会、情報公開時代には、専門家によって作成された正確で読みやすい文字記録データがますます必要とされます。また、音声認識により文字化されたデータを校閲し、精度の高い発言記録に仕上げることも仕事の一部です。
    速記の仕事は多岐にわたる最新の情報に触れられることも魅力です。

主な就職先一覧

めざす就職先

字幕制作会社
速記関連会社
マスコミ関連会社

主な求人先企業

株式会社ジマックス
株式会社大和速記情報センター
株式会社澤速記事務所
株式会社会議録研究所
早稲田速記株式会社    他

仕事についてのインタビュー

【卒業後に活躍できる業界】

字幕制作と速記録作成のプロを紹介します。
株式会社 ジマックス

茂木 真利子さん

字幕事業部 制作部 サブマネージャー

茂木 真利子さん

幅広いジャンルの番組に携わり放映後の達成感が格別です。

字幕はテレビを通して人に何かを伝えることができ、福祉分野にも関わる大切なものです。また、ニュースやスポーツ、バラエティなど、ジャンルを越えて携われる楽しさもあります。リアルタイム字幕の入力は、画面と音声に集中してタイピングしていきます。オリンピックの中継では、種目や専門用語、人名が多く大変でしたが、放送終了後には大きな達成感を得られました。

こんな方におすすめの仕事

マスコミに興味がある
テレビが好き
多くの人に貢献したい

リアルタイム入力は3人1組。テレビ番組の音声を素早く文字化するため、リレー形式で言葉を繋いでいきます。

番組開始前にはテレビ局のスタッフを交え打ち合わせを行う場合があります。

髙島 俊一さん

「福祉」「高齢化」「緊急時対応」いま字幕が求められています。

株式会社ジマックス 代表取締役社長 髙島 俊一さん

テレビ局の字幕放送は、基本的に聴覚に障がいのある方に向けて発信しています。また、災害など緊急時に情報を提供する手段としても注目されています。「障害者差別解消法」の施行により、BSやCS放送、ネットの映像配信などにも、字幕付与の需要が高まることが予想されます。
字幕制作は社会的貢献度の高い仕事です。

株式会社 大和速記情報センター

窪塚 早紀さん

速記部

窪塚 早紀さん

記者会見やインタビューなど、マスコミに関わる刺激的な日々です。

官公庁の審議会や一般企業の社内会議、雑誌のインタビューなど、現地に伺い、発言者の記録をとり、その音声のテープ起こしをしています。大臣の記者会見や芸能人のインタビューなど、幅広いジャンルに携われるため、刺激的な日々を送っています。取材により長時間の場合もありますが、集中力を絶やさないようにしています。テープ起こしの際は、精度の高い原稿を作成していきたいです。

こんな方におすすめの仕事

文章を読むことが好き
人と接することが好き
多様なジャンルに興味がある

自分で取材してきた音声をもとに、同音異義語などに注意しながら、文字データとして仕上げま す。

作成した原稿を校閲してもらう前に自らチェッ ク。いずれは校閲なく作成できるスキルを身につけます。

津田 健司さん

テープ起こしの可能性にチャレンジし続けています。

株式会社大和速記情報センター 代表取締役 津田 健司さん

1954年創業の速記・情報処理の専門会社です。お預かりした音声を、指定どおりの書式、用途に合わせた形で文章化する「速記・テープ起こしサービス」は、議会議事録だけでなく、アイドルから政治・経済まで幅広いジャンルを取り扱っています。また、ウェブサイト「モジフル」ではテープ起こしのeコマースをスタートし、サービスの拡充や業務の可能性にチャレンジし続けています。

学びの流れ

音声を正確に聴き取り、適切に文字化する技能を養成します。

学びの流れ

学びの流れ

カリキュラム・講義概要

カリキュラム

段階的にプロのレベルをめざします。

基礎科目
科目名 授業形態
テレビ放送と字幕システム 講義
速記文化 演習
用字・用語と表記 講義
放送用語の基礎知識Ⅰ~Ⅱ 演習
時事問題の理解Ⅰ~Ⅱ 講義
編集・要約技術 演習
専門科目
科目名 授業形態
タッチタイピング 演習
スピードタイピング 演習
ステノタイピングⅠ~Ⅱ 演習
デジタル速記 演習
音声反訳実務 演習
選択科目
科目名 授業形態
字幕連携入力実習 実習
発言記録作成実習 実習

講義概要

現場に対応する力を身につけます。

放送用語の基礎知識

放送用語の基礎知識

政治、経済、スポーツ、バラエティ等各分野の用語を学び、発言等音声情報の聴取力、理解力を高めます。

タッチタイピング

タッチタイピング

ホームポジションを覚えた上で、正確さを第一にタイピング速度の向上をめざします。

デジタル速記

デジタル速記

音声データやデジタル機器の取り扱いについて学び、会議やインタビュー等の取材力を身につけます。

時間割

1年次
1時限
9:15~10:45
タッチタイピング タッチタイピング スピードタイピング スピードタイピング  
2時限
11:00~12:30
放送用語の
基礎知識Ⅱ
速記文化 時事問題の理解 用字・用語と速記 編集・要約技術
3時限
13:30~15:00
テレビ放送と
字幕システム
デジタル速記 ステノタイピング 音声反訳実務 発言記録作成実習
4時限
15:15~16:45
        字幕連携入力実習